7+English(セブンプラスイングリッシュ)

7+Englishは、七田式英会話の最新メソッドと400%学習法により日常会話の中でも特に、使用頻度の高いパターン60と600フレーズとネイティブスピードの英語を、聞き取れる様に目指された英会話教材でテキストとCDで構成されています。

世界の11か国で繰り広げられている英語教育第一人者七田眞氏発案のメソッドを、さらに改良したものと合わせ400%学習法そして復習のタイミングが重視されています。 

また、400%学習法は完全記憶という形で勉強内容の定着を図るので、忘れにくく使いこなせる知識として覚えられる様に図られ、これらにより使用頻度の高いフレーズを考えなくてもいえるくらいに覚える事で、英会話力を上げる事を目指すのです。

ところで、なぜフレーズを覚える事が英会話力につながるのかというと、フレーズを覚える事であとは組み合わせる単語を入れ変えるだけで済むからです。

そして、聞いては口に出すを繰り返す事で覚えたフレーズを右脳から左脳へつなげられ、より定着度を上げやすくなるのです。

そして使われているフレーズも、英語教材制作のプロと英語教育のプロでありながらネイティブスピーカーのアメリカ人の二人で、日常会話の中で使用頻度の高いパターンを60個洗い出したうえで、ネイティブの手で厳選した600フレーズです。

なので、実用的な表現を身に付けられるのです。

それから、学習と対を成す大切な復習もそのタイミングを重視しより記憶に残りやすいタイミングで、復習が出来る様に作られています。

リスニングに関してもネイティブのスピードを余裕で聞き取れるレベルを目指されているので、外国人の速さにもついていける様になり会話を楽しめるようになりたい人向けとも言えます。

以上からこの商品は、七田式メソッドと400%学習法により実用的なフレーズをしっかりと覚えると同時に、リスニング力も身に付ける事で実践的な英会話力の獲得が目指されたものだと言えます。

7+English(セブンプラスイングリッシュ)

ネイティブスピーク

ネイティブスピークは発音の矯正界に対する世界的な権威であるスコットペリー氏が作った、Scott perry Tongue positionをCGを用いて映像化したものと、発音記号をあわせてさらにボイストレーニングにも及んだ、スコット氏監修の発音矯正用教材です。

また発音を英語らしいものとする事で、リスニング力の向上も狙う事ができます。

Scott perry Tongue positionとは理屈ではなく、動作から発音の矯正を図る学習法といえるもので映像で表される番号に従い舌の動線を真似るといったものです。

これらを通し、日本語アイウエオと同様の役割を有するフォニックスの習得を経た後、英語らしい発音の習得を試みます。

そして、発音記号と実際の発音をマッチさせる事で日本人がより親しみやすく、理解しやすいものとさせるような工夫がなされているのです。

これらにより、日本語で使用されない音の認識が可能となれなおかつ、それによって単語やフレーズを覚えやすくさせリスニング力の向上と、日本語を媒介しない英語脳の構築も可能となります。

また、ボイストレーニングを取り入れる事で英語を発音する際に要する腹式呼吸、鼻の上方へと声を響かせるような呼吸法を習得する事により、よりネイティブチックな発音を目指せうるのです。

さて当教材は、DVD2枚編成となっておりディスク1でアルファベット単独での発音練習と、母音と子音という視点での発音記号によった発音練習がディスク2でリエゾンと、自己紹介を想定したスピーチ及びボイストレーニングを、収録しています。

それから、トレーニングプログラムとしては映像による舌の動線の確認と女性講師の口元を、実際に映した動画による口のかたちの作り方を確認し以降は対象の発音が含まれた、単語とそれら構成要素となった文章の順でのトレーニングがなされます。

こういった事から、当教材はきちんとした発音の習得をきっかけとしリスニングの力から、英語全体の学習の進めやすさにまで良い影響を与え得るものだと言えます。

ネイティブスピーク

エブリデイイングリッシュフレージーズ(EVERYDAY ENGLISH PHRASES)

エブリデイイングリッシュフレージーズは、選び抜かれたネイティブが日常的に使うフレーズを意味やニュアンスそして使い方とを、ひとまとまりとして学習できる英会話教材です。

テキストが1冊と英語と日本語の2音声CD5枚、英語のみの音声CD2枚、リスニング用音声1枚、ニュアンス解説音声4枚の計12枚で構成されています。

具体的な中身は、テキストではネイティブが実際に日常的に使っているフレーズをさらに、ネイティブ本人に何度もチェックしてもらい厳選したものをそのニュアンスや、使う事になるシチュエーションとあわせて学習出来るように作られています。

また、コラムとして英語の学習に関わる話題や海外で送る生活に関する話題が盛り込まれているのでモチベーションの維持や勉強の進め方の参考にできるかと思います。

そしてCD教材では、スムーズに英語で返答する等が出来るための練習法として効率的だと言われている、1秒返しを一人でできるような工夫がされています。

加えて、英語と日本語が収録されているものと英語のみのCDに分けられているので、慣れるまでは日本語を補助的なものとしつつ基礎力をつけその後に、英語だけのCDでその力を使いこなせる様になるまで演習を繰り返す事ができます。更に、英語のみのCDではリスニングの練習も出来る様になっています。

こういった事からこの教材は、ネイティブの人が使うフレーズを学び演習をする事で、実践的な実力とできるので、外国人にも通じやすくスムーズな英会話が出来る様になるための学習ができると言えます。

エブリデイイングリッシュフレージーズ
(EVERYDAY ENGLISH PHRASES)

Hapa英会話(ハパトラベル英会話)

Hapa英会話(ハパトラベル英会話)はLAにおいてNo.1の人気が誇る講師であるセニサック淳さんという、BYBアーバイン校で校長を務めている2.800人以上のアメリカに住む日本人への指導経験がつぎ込まれたBYBの超人気である日常英会話コースを、現地へ行かずに受ける事ができるという英会話教材です。

通訳に対した勉強の方法としても採用されている、前もって用意された日本語の文章を英語でもって言いかえる方法が一貫してされ、セニサックさんの開発した3ステップロールプレイによった学習方法も適用されています。

またおかれる状況別になされるやり取りを時系列上で学んでいくので文法的な学習はなされません。

ですので、文法が得意でない人でも学習しやすいといえるのです。

さて当教材においてはテキストとCDまたDVD12枚が同封されており、毎日30分ずつ学習し続け30日間で終える事が出来る様に設定されています。

学習手順としましては3段階あって、最初の1段階目にて会話の大雑把な流れを学び場所別のどの様な内容について尋ねられるのか学んでいきます。

続いて2段階目にては前段階の文中で新出されていた単語とフレーズをざっと学び、最後の3段階目でCDによりスタバやマック等という様な、カフェやファストフード店からホテルやショッピングやレストランそして道案内に至るまで、色々な場面を想定しひたすらロールプレイがされるという訳なのです。

さらに学習の成果を確認するためのレビューレッスンも用意されていますので、学習の成果を目で確認できる可能な事から、学習過程で生じる不安感を軽減させつつ学習を進めやすいといえます。

そしてDVDは実際のBYBに在籍する生徒達が課外学習でレストランやカフェにおいて店員とやり取りする様が収められていて、海外の生活を疑似的に体験しながらこれまでの勉強のまとめができるのです。

それからテキストを用いなくとも学習が可能な様になされているので、まとまった時間が確保できずともスキマ時間を活用し学べます。

こうした事からこの教材は、日本語から英語へと事前に用意されている文章をトレースし、3ステップロールプレイによられる学習法でもって文法を勉強しなくても海外において有用たりえる英会話に必要となる力を習得せしめようと目論まれていると言えます。

Hapa英会話(ハパトラベル英会話)

リスニングパワー

リスニングパワーはアメリカ人の言語学者のスコットペリー氏が、これまでに培ってきた日本人向け独自のメソッドと、他の言語学者及び科学者またサウンドのエンジニア等と協力し、英語固有の発音と日本語には無く英語にだけある10個の母音そして、周波数の違いに着目され作られた発音矯正教材です。

ここでいうスコット先生独自のメソッドというのは、日本人のための発音矯正テクニックやバイリンガル化させるものです。というのも、日本語が占める周波数が世界で一番低いのに対し英語は一番高いつまり、日本人が英語を聞き取れる様になるには真逆の高さの周波数を、聞き取れる様になる必要があったのです。

また人は、4歳〜11歳まではどの言語の音も聞き取れるのですが、12歳を過ぎてしまうと母国語しか認識できず他の言語の似た様な音を母国語の音に当てはめてしまいがちなのです。

そこで、こうしたハードルを乗り越えるために、他の言語学者やサウンドエンジニア等と協力し、周波数解析ソフトを組み上げ日本人でも英語の周波数が聞き取れる様になる、周波数帯を見つけ出す事に成功しました。

そして、これにスコット氏のメソッドを組み合わせ作り上げたのが、「リスニングパワー」なのです。

この教材は、45ページのテキストと2枚のCD教材で構成されているのですが、特にCDでは左からはスコット先生の右からは女性の声そして、BGM的に耳を英語耳に矯正するための音が聞こえてくるという、今までにないものとなっています。

具体的に見ていくとCD1では、独自の周波数を活用した耳のチューニングと日本語英語とネイティブ英語との違いまた、英語特有の母音の音や日本語には無い音等を学べるようになっており、CD2はこれまでに学んだものをさらに底上げするものや、バイブレーションサウンドの会得等が出来る様になっています。

これらを聞き続ける事で、英語と日本語の発音の決定的な違いや些細だけど大切な違い等を、認識できるようになるのです。

つまりこの教材を使う事で獲得が見込めるのは以下の通りだと言えます。

・英語を英語として聞き取れる英語耳
・聞き取れるから話せるという発音矯正
・英語の音をとらえるための英語脳ができあがる
・TOEICのリスニングのスコアアップも図れる
・LやRといった聞き取るにはきわどい発音が聞き取れる様になる

リスニングパワー

英語ぺらぺら君(初級編・中級編)

英語ぺらぺら君(初級編・中級編)は厳選されたワードを用いたクエッショニングと、パターン認識法を用いたリスニングとスピーキング力といった、英語により会話をするのに必ず必要となる能力を養うCDタイプの英会話教材です。

耳で捉えた後に口に出すのみなので時間をまとめて確保できずとも、学習が可能なようになっています。

まずクエッショニングにおいて、ひたすらに英語に拠った聞かれたことに答えるのを繰り返すので、こうした事に抵抗感を和らげられるうえ色々な言い回しを応用させ発話をスムーズに出来る様になり得るのです。

また、英語によって会話を交わすにあたって必要不可欠である聞き取って話す能力だけに、焦点をあてているので効率の良い学習が可能と言えます。

加えて、ここで取り上げられている英単語は全て高校までに学習する内容の日常会話ですので、だれでも身に覚えのあるものばかりであるはずでその分習得しやすいと、いえるでしょう。

そして日本人の多くが苦手になりやすい傾向のある発音も、しっかりと学べます。

なお文法また発音等といったここで取り上げているものは、何人かのアメリカ大統領の通訳官を務めてきた小谷啓氏によって、不自然さや間違いがあるかどうかの確認がとられているので、実用的な内容だと言えます。

次にパターン認識法によって、言い回しや文法を学習していきます。

単調に表現を習得するのではなく、次第と表現する内容が詳しくなるようになっている文を2〜3例学びます。

これによって、適当な単語を後続させる事で思いのままに日常的な表現が可能となると言えます。

レッスンのボリュームといっても、全30レッスン構成のものを日々1つずつこなすだけで良く、大海を挟んだ遠距離恋愛のストーリーなので飽きさせない工夫がされています。

さらに、中学から高校で学ぶものも入っているのでこの時期の英語の成績が、芳しくなかったという方も安心して学習できます。

そして初心者でも、途中で追い付いていけなくなりドロップアウトしてしまうのを避けられるように、徐々に難しくなるようになっています。

つまりこの教材では、初心者でも英会話の勉強をしやすくパターン認識法そしてクエッショニングを用い、英語で話すために必要な能力を付けられると言えます。

英語ぺらぺら君初級編

英語ぺらぺら君中級編

スコットペリーの発音大学

スコットペリーの発音大学は、英語の分野における発音矯正の世界的重鎮であるスコットペリー氏が25年かけ、数多くの日本人においてみられるカタカナ英語や訛りの研究の集大成で、日本人向けと言えるものです。

大半の日本人が英語を発音しようとするとき、どうしてもカタカナ英語が否めない傾向にありますが、英語圏で生活しているネイティブにとっては聞き取りにくいものとなってしまいます。

そこでこの教材では、ここで紹介する7つのポイントをおさえる事で口のかたち・舌の動き・呼吸法と、事細かく知り得るので流暢で訛らずに発音が出来る様になり得るのです。

・スマイル・まる・半スマイル・閉じた状態の4つの口のかたちを覚える
・英語と日本語を比して2倍の吐息が必要である性質を踏まえその呼吸法を身に付ける
・語尾を伸ばしての発音方法を習得する
・隣接する単語の語尾と頭文字の音を混ぜた発音法を覚える
・上唇を持ち上げ歯を露出する事で日本語よりも高周波帯域を使う発声法を習得する
・口腔内で舌を上あごよりにする事で鼻からも息を出すネーザルサウンドを習得する
・口の隙間が1センチ以上としない事で速いスピードでの発音を達成する

同梱されているのは、総じて3時間ある内容が収録されているDVDまた先に挙げた7つのポイントに対する詳説、及び発音をより良いものとするためのトレーニングが出来るThe Seven Secretsです。

この2つを活用する事により、カタカナ英語やその原因の一つである訛りを失くさせ学び手の発音を滑らかでネイティブライクなものとさせ得ます。

またこの教材では、発音記号を絶対に使用しませんのでこれにより英語学習を阻まれていた方でも、安心して学習していただけます。

さらに、発音を自然なものへと変える事でリスニングも上達させやすくなります。

以上からこの教材は、日本人にみられる訛りをその原因からアプローチするため7つのポイントを編み出し、それによって発音矯正をして芋づる方式によってリスニング力も上がり得ると言えます。

スコットペリーの発音大学

スピークナチュラル

スピークナチュラルは考え出した人の池田和弘氏が、文法および脳の働きに着目し20年つぎ込み構築した理論が、もととなっている英会話教材です。

この理論は池田氏が阪大フロンティア研究機構において在籍中、日本人に英会話を効率良く身に付けさせる科学的な視点に立ったプログラムの開発過程で効果が裏付けされています。

現在日本国内において主流である英語学習法は、文法と単語力及びリスニングを別々に学ぶ形式となっておりこれに合わせて、実質上気休め程度でしかならないような実践練習を行うものとなっています。

しかし実際交わされている英会話では、文法よりもリズム感に重きが置かれ用いる表現も、一概に文法的に正しいものばかりではないのです。

これを知らないで従来の学習の方法を取っていると、出来る様になり得るものもならずこれが日本人に英会話習得を困難にさせています。

こうした事を踏まえこの教材は、154ページ編成のメインテキストを1冊と569分ずつあるインプット練習用CDを6枚とパターン練習用CDを4枚そしてテスト用のCDが4枚で構成されています。

これらを使い主に、音声を口ずさみ真似ていく事を徹底し日本語と英語を深いレベルで結びつけ、すっと英語による表現を出来る様に目指されています。

また始めはゆっくりなスピードでの音声を真似し段階を追い速度を上げていく事で、リスニングを向上させていくとともに、文法的学習をあえて避ける様に編成されています。

特に文法的学習に関し、言うと文法的な正確性にこだわる事で、のど元まで来た英語の表現が引っ込んでしまう要因となり得る上に、英語らしいナチュラルな表現をしにくくさせるのです。

さらに、会話の表現をそっくり覚え表現のストックを増やしていくので英会話において特有な、リズムを習得しやすく自ずと会話中での法則が掴みやすくなっています。

以上からこの教材は文法を避ける学習とスローペースでの音声を使った学習が、徹底され口ずさむ事で真似して英会話にとり必要である力が身に付くよう、意図され作られていると言えるのです。

スピークナチュラル

ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュ(Native English)では書く読む話す聞くの、総合的な英語能力をCDを使うだけでもネイティブ同士が使用する英会話を、習得していこうと作られたものであり河北麻友子というタレントにより、おすすめされていながら獨協大学の元教授で英語分野に関する教育界の権威でもある阿部一氏からも認められているというものです。

開発時にネイティブのスピーカーが関与しているので、ネイティブが使っている英語を会得していきやすいのです。

これにはテキストを3冊及びスピーキングとリスニングCD2枚組を3セット、加えてニュアンスの解説がなされているCDがあり、ここでネイティブである講師によった日本語での英語固有なニュアンスや表現力を豊かにさせるために有効となる解説が収録されています。

またテキスト中では基礎的である日常での会話から旅行での行き先またレストランや病気の時や、トラブルシューティング等に至る応用と色々に想定できるシーンを男女の会話に則し記載しています。

さらに大切なフレーズには色がつけられているので、注意をする必要があるフレーズを一目見ただけでわかる事から、会話内においた文脈からフレーズの用い方を捉える事が可能なのです。

そして初めに紹介した事からも分かる様に、CDのみでの学習であっても学習が成り立つ様にされているので、まとめて時間を使えなくても学習を継続させやすいと言えるのです。

学習の進め方としましては1日あたり2日分に相当する、英会話やフレーズを学習していく事になるのですが、お急ぎコースの場合にてであれば72日間また標準コースの場合においてであれば、96日間そして最短コースの場合においてであれば、24日間等と代表されるように短期決戦もしくはマイペースでじっくり取り組むという場合でも対応が可能な様に、5つのコースを設けています。

以上から当教材はCDによった学習がメインでありながら、英会話に限る事なく英語を総合して会得しようというものだと言えるのです。

ネイティブイングリッシュ(Native English)河北麻衣子

24デイズイングリッシュ(24Days English)

24デイズイングリッシュ(24Days English)は、オーストラリアの日本語学校で勤務経験のある島田勝弘氏が、この期間中に知ったアルフォンソ文法といわれるものを応用し構築させたメソッドを使い、英語の学習をしていくにあたっての要領と日常英会話に関するフレーズで、実用的なものを習得する事が出来る、ベーシックレベルの英会話教材です。

アルフォンソ文法とは、上智大学に所属しているアルフォンソ教授の発案した海外で生まれ育った人が、日本語を学習する方法の一つで文法的なものを意図的に避けるという方法です。

なぜこの方法がこの教材に採用されたのかというと、オーストラリアで働いていた頃のある日に教授の講演会にて、この方法を知った島田氏が自身の受け持っていた授業と自分の英語学習に応用させ、実践させたことに端を発します。

そうした事から、30年かけ改良を積み重ねこのメソッドの構築に至ったのです。

こういった中作られたこの教材の特性は、島田氏ならではのメソッドを最大限に引き出したうえで、ネイティブによる公認を受けた日常使いの短い文章を学習する事で英会話能力にとって必須の力をつけられます。

加えて、英語の習得に当たりその効率性を増させるコツを得られるので、これまでに学んだ英語に関する知識を深めやすくなります。

これらの他にも、多様な特徴を持っているのでここで紹介しておこうと思います。

・スピーキングに対するものである1分間の法則
・英語脳を作り上げる上で必要な4つのポイント
・英語と日本語の一文の語順の違いを意識
・英語の学習において必須となるポイントを身に付けられる
・文法に関する内容の学習をあえて避ける
・学習する内容が日常的なフレーズに絞られている

特にこうした中でも、短文を覚えるだけで実践力が身に付けられるのか不安がよぎる人もいるでしょう。

当教材ではこの点についても考慮に入れられていて、ここで使われている文章は全て「何をした」という事柄を表現するものとなっています。

これは英文のつくりでいうと土台にあたるもので、簡易文であれば5W1Hを後ろにつなげるだけできちんとした分がある程度出来上がってしまうからです。

さてこういった特徴的な本教材の構成としては、3枚のCD教材とテキスト1冊となっています。

学習方法としても簡単であり、テキストで学習に関するコツを把握後に24回で編成されているレッスンを1回ずつ毎日していくだけです。

またこのレッスンも、テキストでの学習でなくてもCD教材だけでも学習が可能なように作られていますので、自身の現状に合わせた学習方法の選択が可能となっています。

なので、この教材ではネイティブによって裏付けされた実用的なフレーズ及びこれらを使いこなせるために必要な力、そして学習にとって必須ともいえるコツをセットで習得でき得るものだと言えます。

24デイズイングリッシュ(24Days English)